コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広域変成作用(読み)コウイキヘンセイサヨウ

百科事典マイペディアの解説

広域変成作用【こういきへんせいさよう】

広域的な構造運動によって起こる変成作用。プレート境界,プレート衝突帯の地下深部で起こると考えられている。物理的要因としては高温と圧力が主で動力熱変成作用ともいう。広域変成作用の起こる温度,圧力の組合せはいろいろである。高圧型は海洋プレートの沈み込み帯,あるいは大陸と大陸の衝突帯で起こり,低圧型はプレート沈み込み帯に伴う火山弧深部で起こるとされる。
→関連項目結晶片岩広域変成帯千枚岩変成作用片麻岩

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

岩石学辞典の解説

広域変成作用

地殻の広い範囲に影響を与える変成作用で,局所変成作用火成岩貫入の周辺部に限定されることと区別される[Daubree : 1860].広域変成作用のある地域の岩石は,低度の変成作用から高度の変成作用のものに累進的に変化することが多い[Harker : 1932, Turner & Verhoogen : 1960].造山運動や埋没作用によって特定の火成岩を熱源とせずに広い地域にわたって岩石が変成される作用で,局所変成作用(local metamorphism)に対する語.一般変成作用(general metamorphism)[Delesse : 1857],標準変成作用(normal metamorphism)[Beaumont : 1841].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

こういきへんせいさよう【広域変成作用】

造山運動に伴い、広い地域にわたって岩石が地下深所にもちこまれ、高温・高圧のもとで再結晶し、千枚岩・結晶片岩・片麻岩などの変成岩となること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の広域変成作用の言及

【変成作用】より

…このような変成岩はホルンフェルスと呼ばれる。(2)広域変成作用 造山運動のときには地下深く押し込まれた堆積岩や火成岩が広い地域にわたって変成作用をうける。変成作用は著しい変形運動を伴っていて,変成岩ははがれやすい性質をもつ結晶片岩になったり,片麻状組織をもつ片麻岩になる。…

※「広域変成作用」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android