コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静的安全 セイテキアンゼン

大辞林 第三版の解説

せいてきあんぜん【静的安全】

社会生活の現にある秩序、人が従来共有している利益、とりわけ権利が他人にみだりに害されないよう法によって保護すること。 ↔ 動的安全

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の静的安全の言及

【意思主義・表示主義】より

…意思主義は,個人の意思自治が効果発生の根源であるとの立場から,行為者の内心的効果意思がその本体であるとする考え方である。行為者の意思の重視,静的安全の観点に立つ考え方である。表示主義は,人は他人の表示行為をみて取引を行い,共同生活を営むのであるから,表示行為から推断される効果意思が効果発生の根源であるとの立場から,表示行為がその本体であるとする考え方である。…

※「静的安全」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

静的安全の関連キーワード動的安全・静的安全意思主義・表示主義原発メーカー取引の安全即時取得社会生活秩序従来権利

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android