コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非常災害対策本部 ヒジョウサイガイタイサクホンブ

1件 の用語解説(非常災害対策本部の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひじょうさいがい‐たいさくほんぶ〔ヒジヤウサイガイ‐〕【非常災害対策本部】

地震・風水害火山噴火などで大規模な災害が発生した場合に、災害応急対策を推進するために、内閣総理大臣災害対策基本法に基づいて内閣府に設置する組織。防災担当大臣を本部長とし、各省庁の局長級職員が本部員として参加する。災害が極めて激甚である場合は、緊急災害対策本部が設置される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の非常災害対策本部の言及

【災害救助】より

…災害救助法(1947公布)および災害対策に関する基本的事項を定めた災害対策基本法(1961公布)等に基づいて災害救助の活動が行われている。都道府県または市町村の地域内について災害が発生し,または災害発生のおそれがあるときには,それぞれに災害対策本部が設置され,また,非常災害が発生した場合には,臨時に国に非常災害対策本部が設置されて,総合的な災害応急対策が実施される(災害対策基本法23,24条等)。 災害救助法が適用されるのは,市町村の区域内の世帯の一定数以上の住家が滅失した場合,災害が隔絶した地域に発生して被災者の救助が困難な特別の事情がある場合等,同法および同法施行令で定める基準の災害が発生した場合である。…

【災害対策基本法】より

…日本の災害対策に関する基本法であり,防災行政に関する国と地方公共団体および住民の一般的責務を宣言したうえで,防災行政に関する組織,防災計画,災害予防,災害応急対策などについて詳細な規定を置いている。まず組織については,防災行政の基本的組織として国に中央防災会議,地方公共団体に地方防災会議を,また非常時の組織として国に非常災害対策本部,地方公共団体に災害対策本部を,それぞれ置くこととしている。次に防災計画については,中央防災会議が防災に関する総合的長期的な計画として防災基本計画を定め,それに基づき都道府県,市町村がそれぞれ都道府県地域防災計画,市町村地域防災計画を定めることとしている。…

※「非常災害対策本部」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

非常災害対策本部の関連キーワード自然災害火山噴火火山災害予測図ハザードマップ大震災河道閉塞大規模災害大災害偽火山噴火口災害救助

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

非常災害対策本部の関連情報