非常用雇用(読み)ひじょうようこよう(英語表記)non-regular empolyment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

非常用雇用
ひじょうようこよう
non-regular empolyment

常用雇用以外の雇用形態。常用雇用とは,雇用期間を明示していない正規従業員の雇用形態をいう。これに対して,パートタイム,アルバイト,嘱託,派遣,日雇いなどは雇用期間が明示され,雇用期間の満了による解雇が可能である。常用雇用者は終身雇用の利益を得られるのに対し,非常用雇用者の場合はその利益を期待しえない。今日の雇用の多様化の中で非常用雇用者が増大し,終身雇用制の崩壊要因の一つにあげられている。勤労者の側から見ると,特定の組織に拘束されない気安さがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android