コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非現住建造物等放火罪 ヒゲンジュウケンゾウブツトウホウカザイ

デジタル大辞泉の解説

ひげんじゅうけんぞうぶつとうほうか‐ざい〔ヒゲンヂユウケンザウブツトウハウクワ‐〕【非現住建造物等放火罪】

人が住んでいない住居や、人がいない建物・船・鉱坑などに放火する罪。刑法第109条が禁じ、2年以上の有期懲役に処せられる。ただし、これらが自己所有物である場合は6か月以上7年以下の懲役となり、さらに公共の危険を生じなかったときは罰せられない。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

非現住建造物等放火罪の関連キーワード建造物等以外放火罪放火罪

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

非現住建造物等放火罪の関連情報