コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

面歌 オモテウタ

デジタル大辞泉の解説

おもて‐うた【面歌】

面目をほどこすような歌。すぐれた和歌。代表的な歌。
「御詠の中にはいづれをかすぐれたりとおぼす。…是をなん身にとりては―と思ひ給ふる」〈無名抄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おもてうた【面歌】

代表的な秀歌。代表となるようなすぐれた歌。 「後拾遺の恋の歌の中に…是を-と思へり/無名抄」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

面歌の関連キーワード藤原俊成(ふじわらのしゅんぜい)コロムビア ローズ(初代)デイヴィッド ソウル徳大寺実定日本演劇藤原季通藤山一郎藤原実家藤原仲実御詠秀歌

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android