面目(読み)めんもく

精選版 日本国語大辞典「面目」の解説

めん‐もく【面目】

〘名〙 (「もく」は「目」の呉音。「めんぼく」との違いは「めんぼく(面目)」の補注を参照)
① 顔かたち。顔つき。容貌。
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)六「面目(メンモク)(〈注〉オモテメ)、ことことく端厳にして、ひとのみんとねかふところたらん」
日葡辞書(1603‐04)「Menmocuno(メンモクノ) ヨイ ヒト〈訳〉顔立ちのよい人」 〔戦国策‐秦策一〕
② すがた。様相。また、外から見た様子。
※青年(1910‐11)〈森鴎外〉一一「夜の思想から見ると昼の思想から見るとで同一の事相が別様の面目(メンモク)を呈して来る」
③ おおもとになるもの。ある物事の趣旨や主張。おきて。
日葡辞書(1603‐04)「Menmocu(メンモク)〈略〉〈訳〉信条、定め。例、ワガ シュウノ menmocuua(メンモクワ) ジッカイ ナリ 〈訳〉我々の守る掟は、十戒である」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)前「切ちらせしを面目(メンモク)にして、とく落給へかし」

めん‐ぼく【面目】

〘名〙 (「ぼく」は「目」の漢音)
① 人に合わせる顔。世人に対する体面や名誉。また、世間からの評価。めんぼくだま。めいぼく。めんもく。
※菅家文草(900頃)四・寄白菊四十韻「面目歓娯少、風塵悶乱煩」
※日葡辞書(1603‐04)「Menbocu(メンボク) ミニ アマル」 〔史記‐項羽本紀〕
[補注]日葡辞書では「めんぼく」と「めんもく」を区別し、前者は名誉の意、後者は顔、または趣旨・主張の意としている。この区別が確かにあったかどうかは明らかでないが、名誉の意の例は「めんぼく」となっているものが圧倒的に多い。

めい‐ぼく【面目】

〘名〙 =めんぼく(面目)
※宇津保(970‐999頃)楼上上「大じんどもの『この国のための、限りなきめいぼくをひろめん』と言ひ出だし立てし事を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「面目」の解説

めん‐ぼく【面目】

世間や周囲に対する体面・立場・名誉。また、世間からの評価。めんもく。「面目を保つ」「面目をつぶす」
物事のありさま。ようす。めんもく。「従来と異なった面目を呈する」

めん‐もく【面目】

めんぼく(面目)」に同じ。「面目が立つ」
顔かたち。顔つき。〈日葡
おおもとになるもの。おきて。
「雪折竹に本来の―を悟り」〈国性爺

めい‐ぼく【面目】

めんぼく(面目)」に同じ。
「限りなき―を広めむと」〈宇津保・楼上上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の面目の言及

【面子】より

…ただそれは世間的評価を意識した外面的対応であり,内面的自覚に基づく名誉とは異なる。中国では古くから面子,面目がとりわけ重視された。その理由として,一つには儒教の影響がある。…

※「面目」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android