コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芽むしり仔撃ち めむしりこうち

2件 の用語解説(芽むしり仔撃ちの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

めむしりこうち【芽むしり仔撃ち】

大江健三郎(1935‐ )の小説。《群像》1958年6月号に発表し,同月講談社より刊行。戦時下の四国の山村に集団疎開させられた感化院児童たちの受難の物語という形式をとっている。少年たちを受け入れた村では,松山の開墾の作業を命じたが,疫病が発生したため,少年たちを残して村民全員が村から脱出してしまう。少年たちは一時期の自由を味わうが,やがて帰ってきた村人たちにさらに手ひどく扱われることになる。全編にみずみずしい自然描写と少年たちの情感があふれ,江藤淳をはじめとする多くの批評家から絶賛をあびた作品である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デジタル大辞泉プラスの解説

芽むしり仔撃ち

大江健三郎の長編小説。1958年刊。太平洋戦争末期、疎開先の山村に疫病が流行し、閉じ込められた村で感化院の少年たちが作り上げる自由の王国と、その挫折を描いたフィクション

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芽むしり仔撃ちの関連キーワード大江大江健三郎群像長嶋有中村文則川西政明松原新一利沢行夫渡辺広士安藤礼二

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone