コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芽むしり仔撃ち めむしりこうち

世界大百科事典 第2版の解説

めむしりこうち【芽むしり仔撃ち】

大江健三郎(1935‐ )の小説。《群像》1958年6月号に発表し,同月講談社より刊行。戦時下の四国の山村に集団疎開させられた感化院児童たちの受難の物語という形式をとっている。少年たちを受け入れた村では,松山の開墾の作業を命じたが,疫病が発生したため,少年たちを残して村民全員が村から脱出してしまう。少年たちは一時期の自由を味わうが,やがて帰ってきた村人たちにさらに手ひどく扱われることになる。全編にみずみずしい自然描写と少年たちの情感があふれ,江藤淳をはじめとする多くの批評家から絶賛をあびた作品である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

芽むしり仔撃ち

大江健三郎の長編小説。1958年刊。太平洋戦争末期、疎開先の山村に疫病が流行し、閉じ込められた村で感化院の少年たちが作り上げる自由の王国と、その挫折を描いたフィクション

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

芽むしり仔撃ちの関連キーワード大江健三郎

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android