コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鞍掛星 くらかけぼし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鞍掛星
くらかけぼし

おおいぬ座の尾にあたる3個の2等星がつくる直角を,馬の鞍掛けに見立てた和名。この直角からりゅうこつ座のα星カノープスを見つけるのにも広く利用される。三角星ともいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の鞍掛星の言及

【星】より

…なおカシオペヤの5星を〈五曜〉と呼ぶ地方でも,多くはなまって〈九曜〉としている。 鞍掛星(くらかけぼし)おおいぬ座の尾の部分に,η,δ,ε3個の2等星がつくる直角を,馬の鞍掛けの形と見た名称。もっぱら静岡地方でいわれているが,和名の定称となっている。…

※「鞍掛星」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android