鞘細菌(読み)さやさいきん(英語表記)sheathed bacteria

世界大百科事典 第2版の解説

さやさいきん【鞘細菌 sheathed bacteria】

〈しょうさいきん〉とも読む。鉄やマンガンの酸化物を含む鞘状の菌鞘の中に細菌細胞が連鎖して包まれている細菌。菌鞘細菌ともいう。Sphaerotilus natans Kützingが代表種で,製紙あるいは畜産工場から流れ出る廃水中に発生するもので,汚水細菌または汚水の鉄細菌ともよばれる。多くは廃水が河川に流入して幾分うすまったゆるい流れの岸や底に,もやもやした灰褐色の集塊として発生し,また活性汚泥によく発生し,糸状の集塊を生じて活性汚泥の沈降性を悪くする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の鞘細菌の言及

【鞘細菌】より

…鉄やマンガンの酸化物を含む鞘状の菌鞘の中に細菌細胞が連鎖して包まれている細菌。菌鞘細菌ともいう。Sphaerotilus natans Kützingが代表種で,製紙あるいは畜産工場から流れ出る廃水中に発生するもので,汚水細菌または汚水の鉄細菌ともよばれる。…

※「鞘細菌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android