韋編三度絶つ(読み)いへんみたびたつ

精選版 日本国語大辞典「韋編三度絶つ」の解説

いへん【韋編】 三度(みたび)(た)

(孔子が晩年易を好んで熟読し、そのために綴じ紐が三度も切れたという「史記‐孔子世家」に見える故事から) 書物を熟読することのたとえ。韋編三絶(さんぜつ)。〔文明本節用集(室町中)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「韋編三度絶つ」の解説

韋編(いへん)三度(みたび)絶(た)つ

《「史記孔子世家の、孔子が易(えき)を熟読し、韋編が三度も切れたという故事から》繰り返し熱心に書を読むことのたとえ。韋編三絶(さんぜつ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android