コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韋編三絶 いへんさんぜつ

大辞林 第三版の解説

いへんさんぜつ【韋編三絶】

〔孔子が晩年「易経」を好んで読み、綴じた革ひもが何度も切れたという「史記孔子世家」の故事から〕
繰り返し読むこと。熟読。韋編三たび絶つ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

韋編三絶
いへんさんぜつ

繰り返し繰り返し読んで、読書に熱中することのたとえ。孔子(こうし)が、晩年、易書(えきしょ)を好んで熟読し、繰り返し繰り返しそれを読み返したので、その綴紐(とじひも)が三度も切れてしまったとある『史記』「孔子世家」の故事による。「韋」はなめし革のこと、「韋編」とはなめし革の紐で綴じた竹の札(竹簡(ちっかん)といい、古代中国の書物)をいうが、転じて、広く書物一般をいう。「韋編三度絶(みたびた)つ」とも読み下していう。[田所義行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

韋編三絶の関連キーワード韋編三たび絶つ韋編三度絶つなめし革書籍晩年故事熟読易経

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android