コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韓国06年統一地方選挙 かんこく06ねんとういつちほうせんきょ/かんこくぜろろくねんとういつちほうせんきょ

1件 の用語解説(韓国06年統一地方選挙の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

韓国06年統一地方選挙

盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権3年余の実績を問う意味合いがあり、2006年5月31日投開票された。7大市長・9道知事選で最大野党ハンナラ党が12首長をとる大勝、与党・開かれたウリ党はたった1首長で、第2野党民主党の2首長にも及ばず、また230一般市郡区長選でも7割をとったハンナラ党に対し、わずか1割という「史上最悪の与党惨敗」(韓国メディア)となった。総定数3621の議員選でもウリ党は振るわなかった。

(2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

韓国06年統一地方選挙の関連キーワード均衡者外交平和繁栄政策開かれたウリ党盧武鉉大統領の改憲提案ひょんな無表情うかりひょん朝鮮人遺骨返還

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone