コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音声多重方式 おんせいたじゅうほうしきsound multiplex system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音声多重方式
おんせいたじゅうほうしき
sound multiplex system

1つの搬送波で2つ以上の音声帯域信号を送る方式。現在実用化されているのは,テレビジョン音声多重方式で,テレビ放送の音声チャンネルを複合化し,2音声番組,2ヵ国語番組,ステレオ音声番組を放送するシステムである。音声多重方式は世界各国で開発が進められてきたが,最初に実用化したのは日本で,音声チャンネルに副搬送波を重畳し,これを付加音声信号 (副音声信号) で周波数変調する FM-FM方式を採用している。この方式はステレオに限らず,たとえばテレビジョンの音声放送に利用して,片方では英語で,他方では日本語で放送すれば,視聴者は好みのほうを選択して聞くことができる。また,主番組とは関係のない独立利用として緊急災害放送がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android