コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

搬送波 ハンソウハ

7件 の用語解説(搬送波の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はんそう‐は【搬送波】

carrier》音声、映像、データなどの情報を伝送するための電波や光による信号波。携帯電話やテレビ放送などの無線通信、光ファイバーによるコンピューターネットワークなどの有線通信において、効率よく情報を伝送するためのさまざまな多重通信方式が開発され、用途や目的に応じて使い分けられている。キャリアキャリア波

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

搬送波【はんそうは】

テレビ,電話などの信号を伝送するのに用いられる電波または高周波電流無線通信では,低周波の信号電流をそのまま増幅してアンテナに送っても電波とすることは困難であるから,無線周波搬送波)に信号電流をのせて送る。
→関連項目位相変調周波数変調振幅変調マイクロ波多重通信ミリ波通信

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

搬送波

キャリア波」のページをご覧ください。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はんそうは【搬送波 carrier wave】

音声,画像,データなどの無線および有線通信で,情報を送り伝える役目を果たしている正弦波またはパルス波などをいう。たとえば,多くのシステムで,一定振幅,一定周波数高周波正弦波を音声信号などで変化させ(変調),これが伝送されるが,この高周波正弦波を搬送波という。通信信号を空間または伝送路中を伝えるのに適した波に変えるため,このような搬送波が用いられる。【辻井 重男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はんそうは【搬送波】

低周波の信号をのせて伝送するための電磁波・高周波電流や光。キャリア。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

搬送波
はんそうは
carrier wave

信号を伝送する場合,信号電流を直接送るかわりに,振幅,周波数が一定の高周波を信号で変調して伝送する方法がある。このときの信号を運ぶ高周波の電流または電波を搬送波と呼ぶ。 (→キャリア )。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

搬送波
はんそうは
carrier wave

電波通信を行うときの送るべき信号の運び手となる高い周波数の電波。音声や楽器などの音波は、マイクロホンのような装置で信号電流に変えることができるが、この信号電流は20ヘルツから10キロヘルツ程度の周波数であるから、このままの周波数で電波としてアンテナから放射させるのは困難である。その理由は、10キロヘルツ以下の周波数で能率よく電力を放射させるためには、数十キロメートル以上の長さをもつアンテナが必要になるので、そのようなものは実用性がないからである。一般に、能率よく経済的に電波を発射できるのは30キロヘルツから30ギガヘルツの範囲で、この周波数帯の電波を信号の運び手として使用することが得策である。放射させるのに都合のよい範囲にある周波数の電波の一つを選び、信号電流の変化にあわせて、その振幅、周波数、位相などのいずれかに変化を与え、これを送信すれば、アンテナの長さは選んだ周波数に見合った短いものですむことになる。このような役割をもたせる高周波の電波を搬送波といい、信号によってなんらかの変化を与えられた搬送波を被変調波という。
 搬送波に信号の変化に対応した変化を与えることを変調といい、変調された電波は、搬送波と上下の側波帯とからなる。たとえば振幅変調を受けた搬送波は、スペクトラムのうえではすこしも振幅変化を受けないで、上下に側波帯が現れたり周波数や振幅の変化をしているのである。
 また、周波数変調や位相変調では搬送波の上下に無限の側波帯をもつが、実効的には振幅変調時の占有周波数帯幅に変調指数を乗じた幅になる。周波数変調と位相変調では、変調指数によって搬送波と側波帯の電力配分が変わり、変調指数2.4、5.5などの値では搬送波が全然なくなるという考えにくいこともおこる。しかし、それは変調の段階で搬送波が消滅するのであって、最初から搬送波が不必要なわけではない。
 搬送波は、原理的には、伝送しようとする信号に含まれる最高周波数の2倍以上の周波数であれば変調が可能で、受信側でもとの信号を正しく再現できるとされているが、電波として送信するためには、前述のとおり、送信に都合のよい周波数である必要がある。また、受信機でその周波数帯に同調をとればその信号だけが取り出せるわけであるから、伝送空間を共有する無線通信では、搬送波の周波数を変えることによってたくさんの伝送路をもつことになり、二重の効用があると考えることができるのである。[石島 巖]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

搬送波の関連キーワード赤外線通信非可逆圧縮マルチメディアデータベース有線通信有線OTAtraffic次世代無線通信音声圧縮通信機工業

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

搬送波の関連情報