片方/傍(読み)カタエ

デジタル大辞泉の解説

かた‐え〔‐へ〕【片方/傍】

かたわら。そば。
「父の―を遠く離るる事の」〈露伴・風流魔〉
対になっているものの一方。片方。片側。
「高麗錦(こまにしき)紐(ひも)の―ぞ床に落ちにける」〈・二三五六〉
一部分。
「ほとりに松もありき。…―はなくなりにけり」〈土佐
かたわらの人。仲間。
「悪人の―は多く、善人の味方は少なし」〈仮・伊曽保・中〉

かた‐かた【片方】

かたいっぽう。かたほう。
「雨を―の手に持った傘で防(よ)けつつ」〈漱石道草
かたすみ。かたわら。
「―へ行きて、装束着て」〈宇治拾遺・五〉

かた‐ほう〔‐ハウ〕【片方】

対になっているものの一つ。かたっぽ。かたっぽう。片一方。「手袋を片方なくした」
片側。「壁の絵が片方に傾いている」
対立する二つの立場の一方。「片方だけの意見を聞くわけにはいかない」
[用法]片方・一方――「片方(一方)の脚が痛い」などでは相通じて用いられる。◇「片方」は、二つあるうちの一つのほうで、手袋・靴・箸(はし)など対(つい)になっている品物の場合は「片方」で言うことが多い。「片方の靴が脱げてしまった」。「片っ方(かたっぽう)」はややくだけた、口語的な言い方。◇「一方」も、多くは二つあるうちの一つを指すが、方向・方角について言う場合、「山頂に立つと一方に海が見える」のように、いくつかあるうちの一つを指すこともある。この場合「片方」では置き換えられない。◇「一方通行」「一方的通告」「一方的勝利」なども「一方」だけの用法。◇類似の語に「他方」があり、「厳しい人柄だが、他方温かさも持っている」のように、「一方」と通じて用いられるが、文章語的である。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かたほう【片方】

二つあるものの一つ。一方のがわ。片側。 ⇔ 両方 「手袋が-見えない」 「 -の言い分」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かた‐え ‥へ【片方】

〘名〙
[一] 対になっているものの片方、または、あるものの一部分を指し示していう。
① 相対するものの一方。片方。
※万葉(8C後)一一・二三五六「高麗錦(こまにしき)紐の片(かたへ)ぞ床に落ちにける 明日の夜し来なむと言はば取り置きて待たむ」
※古今(905‐914)夏・一六八「夏と秋と行きかふ空のかよひぢはかたへすずしき風や吹くらん〈凡河内躬恒〉」
② あるものの中の一部分。一半。半分。なかば。
※土左(935頃)承平五年二月一六日「ほとりに松もありき。五とせ六とせのうちに千とせや過ぎにけん、かたへはなくなりにけり」
③ 物事の原因の一部分。事がらの責任の一半。幾つかの見方の中の一つの観点。
※宇津保(970‐999頃)国譲下「『よにたぐひあるべき人にもあらずや』民部卿『かたへはみなしなり』」
※源氏(1001‐14頃)葵「あまり若くもてなし給へば、かたへは、かくも物し給ふぞ」
[二] あるものからはずれた場所や、その場所にいる人。
① かたわら。かたはし。そば。はた。
※伊勢物語(10C前)八七「かたへの人、笑ふことにや有りけん、この歌にめでてやみにけり」
② (かたわらにいる人の意で) 仲間。朋輩。同僚。
※徒然草(1331頃)五二「さて、かたへの人にあひて、『年比(ごろ)思ひつること、果し侍りぬ。聞きしにも過ぎて尊くこそおはしけれ〈略〉』とぞ言ひける」
③ (②の意味が狭く限られて) 同胞。はらから。兄弟。
※源氏(1001‐14頃)蜻蛉「かたへおはする人は、殊更にかくなむ、京の人はし給ふ」
④ 中央からはずれているところ。隅のほう。かたわき。また、地方、田舎。
※浮世草子・好色二代男(1684)二「寔(まこと)に此所はかたへと申雪国にて、春ならでは山の形も見る事なし」

かた‐かた【片方】

〘名〙
① 一対のうちの一方。片一方。かたほう。かたつかた。
※宇治拾遺(1221頃)三「めぐりもあばれ、門などもかたかたは倒れたる」
② かたわら。かたすみ。かたほうのはし。
※金刀比羅本保元(1220頃か)下「用意したりける足高哺貝(ほかい)に三つの頸を調(こしらへ)入れて、片々(カタカタ)をあけて置きたれば」

かた‐つ‐かた【片方】

〘名〙 (「つ」は「の」の意)
① 一つの物が、二つの側面を有する時の、どちらか一方。また、二つで一組になっている物のどちらか一方。片一方。片側。片方(かたかた・かたほう)
※宇津保(970‐999頃)楼上上「かたつかたに絹廿疋、綾十疋、いまひとつかたには」
※枕(10C終)二四〇「賜はする扇どもの中に、かたつかたは日いとうららかにさしたる田舎(ゐなか)の館(たち)などおほくして、いまかたつかたは京のさるべき所にて、雨いみじう降りたるに」
② 当面問題になっているものの対極にあるもの。もう一つのほう。いまかたつかた。
※源氏(1001‐14頃)若菜上「かひある御事を、見たてまつりよろこぶものから、かたつかたには、おぼつかなく悲しきことの、うち添ひて絶えぬを」
③ ものの、端にかたよった所。かたすみ。かたわき。かたはし。かたほとり。
※源氏(1001‐14頃)空蝉「この御たたう紙のかたつかたに うつせみのはに置く露の木がくれてしのびしのびにぬるるそでかな」

かたっ‐ぽ【片方】

〘名〙 「かたほう(片方)」の変化した語。
滑稽本・浮世床(1813‐23)初「片(カタ)っ方(ポ)の対手めが同じく気が長いだ」

かたっ‐ぽう ‥パウ【片方】

〘名〙 「かたほう(片方)」の変化した語。
※雑兵物語(1683頃)下「西国衆で有べいならば、おも舵取舵をわけて、かたっ方では昼寝をして、片方で防ぐべい所で、船をば乗かたぶけまいが」
※苦の世界(1918‐21)〈宇野浩二〉五「いつ見てもかたっぱうヒビのはひった近眼鏡」

かた‐ほう ‥ハウ【片方】

〘名〙 二つそろって対になっているもののうちの一つ。一つのものを二つに分けたうちの一方。かたっぽ。かたっぽう。かたかた。⇔両方
※唐詩選国字解(1791)五言古「一片は片方のこと、一片の月と云は、夜更け方の月」
※尋常小学読本(明治三六年)(1903)二「をんどりが、にはで、けんかをしてゐました。そのうちに、かたほーのをんどりが、まけて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android