片方/傍(読み)カタエ

デジタル大辞泉の解説

かた‐え〔‐へ〕【片方/傍】

かたわら。そば。
「父の―を遠く離るる事の」〈露伴・風流魔〉
対になっているものの一方。片方。片側。
「高麗錦(こまにしき)紐(ひも)の―ぞ床に落ちにける」〈・二三五六〉
一部分。
「ほとりに松もありき。…―はなくなりにけり」〈土佐
かたわらの人。仲間。
「悪人の―は多く、善人の味方は少なし」〈仮・伊曽保・中〉

かた‐かた【片方】

かたいっぽう。かたほう。
「雨を―の手に持った傘で防(よ)けつつ」〈漱石道草
かたすみ。かたわら。
「―へ行きて、装束着て」〈宇治拾遺・五〉

かた‐ほう〔‐ハウ〕【片方】

対になっているものの一つ。かたっぽ。かたっぽう。片一方。「手袋を片方なくした」
片側。「壁の絵が片方に傾いている」
対立する二つの立場の一方。「片方だけの意見を聞くわけにはいかない」
[用法]片方・一方――「片方(一方)の脚が痛い」などでは相通じて用いられる。◇「片方」は、二つあるうちの一つのほうで、手袋・靴・箸(はし)など対(つい)になっている品物の場合は「片方」で言うことが多い。「片方の靴が脱げてしまった」。「片っ方(かたっぽう)」はややくだけた、口語的な言い方。◇「一方」も、多くは二つあるうちの一つを指すが、方向・方角について言う場合、「山頂に立つと一方に海が見える」のように、いくつかあるうちの一つを指すこともある。この場合「片方」では置き換えられない。◇「一方通行」「一方的通告」「一方的勝利」なども「一方」だけの用法。◇類似の語に「他方」があり、「厳しい人柄だが、他方温かさも持っている」のように、「一方」と通じて用いられるが、文章語的である。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かたほう【片方】

二つあるものの一つ。一方のがわ。片側。 ⇔ 両方 「手袋が-見えない」 「 -の言い分」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android