コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音楽批評 おんがくひひょうmusical criticism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音楽批評
おんがくひひょう
musical criticism

音楽作品およびその演奏に対する価値判断を発表し,音楽活動一般について批判的報告をすること。音楽に対する批評は古くから存在したが,上記の意味での音楽批評は 18世紀以来ドイツ (マッテゾン,シャイベ,マールブルクフォルケルヒラーライヒャルト) およびフランス (グリム,ルソー) に起り,18世紀中葉イギリスにも起った (アビソン,バーニー) 。 19世紀には自己の美的判断を正当化するために,有名な作曲家たちも音楽批評の筆をとった (ホフマンウェーバーシューマンワーグナーウォルフ,フェティ,ベルリオーズ) 。 20世紀に入ってテレビ,ラジオなどの報道手段の拡大とともに音楽需要も増大,音楽批評の活動および課題領域は一層広がり,その影響力も大きくなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

音楽批評の関連キーワードトムソン(Virgil (Garnett) Thomson)アインシュタイン(Alfred Einstein)シュミット(Florent Schmitt)アレクサンドル・ニコラーエヴィチ セローフウラジーミル・ワシリエヴィチ スターソフハンス・H. シュトゥッケンシュミットアウグスト・ヴィルヘルム アンブロスエンゲルベルト フンパーディングアルフレッド アインシュタインアンリエット ピュイグ・ロジェポール・フレデリック ボールズジェームズ・ギボンズ ハネカービクター ツッカーカンドルハインリヒ シュトローベルエドワード クランクショーアーネスト ニューマンガイ・デ プルタレーステーオドール アドルノアダム マコーウィッツレオニド サバネエフ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

音楽批評の関連情報