コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須柱 スバシラ

大辞林 第三版の解説

すばしら【須柱】

築地ついぢで、一間ごとに表面に露出している柱。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の須柱の言及

【築地】より

…築泥(ついひじ)からの転で,字のごとく本来は練り土を積み上げて造った塀。現在知られている最も本格的なものは,1尺(約30cm)ほどの石垣積みの基礎上の両側に6~10尺ごとに須柱(すばしら)と呼ばれる柱を立て,その外面に幕板という仮枠をあててその中に練り土を入れ,棒で突き固める〈版築(はんちく)〉という手法による。柱上に簡単な小屋を組み瓦葺きとする。…

※「須柱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

須柱の関連キーワード築地表面