外面(読み)そとづら

精選版 日本国語大辞典「外面」の解説

そと‐づら【外面】

〘名〙
① 外部の表面。ものの外に向いている面。がいめん。
② 外部の人との応対などに見せる顔つきや態度。⇔内面(うちづら)
※多情仏心(1922‐23)〈里見弴〉初雪の夜「一旦『そと面』となれば、顔・声・身振り、どこにひとつ、陰鬱のイの字、不景気のフの字なぞ、薬にしたくとも見出せなくなって了ふ」
※新西洋事情(1975)〈深田祐介〉鎮魂・モスクワ郊外六十キロ「Tがひょうきん者としての外面(ソトヅラ)のしたにおそろしくきまじめで、人間的な素顔をかくしている」

がい‐めん グヮイ‥【外面】

〘名〙
① 物の外に向いている面。外側。⇔内面
※西洋道中膝栗毛(1874‐76)〈総生寛〉一五「その建築全体柱梁等みな鉄をもって造り玻瓈(はり)をもって外面(グヮイメン)を張り詰めたる故」 〔雲笈七籖〕
② 外から見えるようす。見かけ。外見。⇔内面
※伊勢物語知顕抄(1200‐86頃)下「あるもんにいはく、ぐゎいめんただぼさつ、ないしんにょやしゃといへり」

げ‐めん【外面】

〘名〙
① そとがわ。表面。がいめん。
※地蔵菩薩霊験記(16C後)六「知音の朋類に至るまで此の地蔵尊を拝敬せぬ人を、或は恨み、或ははづかしめけるほどに、心中は不染とも外面(ゲメン)を信ずる体にするもあり」
② 表面に現われた顔つき。顔かたち。顔色。うわべ。
※読本・近江県物語(1808)四「外面(ゲメン)は夜叉(やしゃ)なれども、内心は菩薩ぞかし」

と‐の‐も【外面】

〘名〙 家の外側。戸外
※蓬莱曲(1891)〈北村透谷〉二「外方(トノモ)にては怖ろしとまでに聞きし 雪崩の音も全たく止み」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「外面」の解説

そと‐づら【外面】

物の外側の面。がいめん。⇔内面うちづら
他人との応対などに見せる顔つきや態度。「外面のいい人」⇔内面うちづら
[類語]上面皮相上辺表面外見がいけん外見そとみ外面がいめん外面的平面的化けの皮表向き見掛け外観みてくれ見た目見栄えなりふり体良く空空しい白白しいわざとらしい心にもない受け流す取り繕う繕う猫をかぶる見せかけ表面的薄っぺら浅薄あさはか名目的

げ‐めん【外面】

外側。表面。がいめん。
表面にあらわれた顔つき。うわべ。外見。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android