類を以て集まる(読み)るいをもってあつまる

精選版 日本国語大辞典「類を以て集まる」の解説

るい【類】 =を 以(もっ)て[=に寄(よ)って]集(あつ)まる

(「易経‐繋辞上」の「方以聚、物以群分」から) 気の合う、似た者同士が自然に集まる。
太平記(14C後)八「人は類を以て聚(アツマ)る習ひなれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「類を以て集まる」の解説

るいもっあつまる

《「易経」繋辞上から》「類は友を呼ぶ」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android