類は友を呼ぶ(読み)るいはともをよぶ

故事成語を知る辞典「類は友を呼ぶ」の解説

類は友を呼ぶ

の合うや似た者同士は、自然と集まるものだ、ということ。

[使用例] を呼ぶ、とかいうけれど、先生も生徒も遊ぶのが大好きな人ばかりで[高峰秀子*わたしの渡世日記|1976]

[由来] 「易経けい・上」に出て来る一節から。「ほうは類を以てあつまり、物は群を以て分かる(変化の方向が同じようなものは自然と集まり、集まったものがそれぞれ群れを作ることになる)」とあります。「類は友を呼ぶ」は、この「類を以て聚まる」から変化したものだと考えられています。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

ことわざを知る辞典「類は友を呼ぶ」の解説

類は友を呼ぶ

気の合った者や趣味などが似かよった者は、おのずから集まるものである。

[使用例] 類は友を呼ぶ、とかいうけれど、先生も生徒も遊ぶのが大好きな人ばかりで[高峰秀子*わたしの渡世日記|1976]

[解説] 「易経―繋辞・上」の「方は類を以て集まり、物は群を以て分かたる」から派生したと考えられます。

〔異形〕類は友をもって集まる

[類句] 同気相求める

〔英語〕Birds of a feather flock together.(同じ羽の鳥は群れる)

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「類は友を呼ぶ」の解説

類(るい)は友(とも)を呼(よ)ぶ

気の合った者や似通った者は自然に寄り集まる。類を以(もっ)て集まる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる