コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風の神 カゼノカミ

デジタル大辞泉の解説

かぜ‐の‐かみ【風の神】

風をつかさどる神。風神(ふうじん)。
風邪をはやらせる疫病神。
江戸時代、風邪の疫病神を追い払うと称して門口に立ち、面をかぶり鉦(かね)や太鼓などを鳴らして金品をねだった者。かぜのかみはらい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かぜのかみ【風の神】

風をつかさどる神。風神ふうじん
風邪をはやらせる厄神やくじん
江戸時代、風邪の神を追い払うと称して面をかぶり、太鼓をたたいて門付をした物乞い。 「茶碗焼出す高原といふ所に-と相住して/浮世草子・色三味線」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の風の神の言及

【風祭】より

…新潟県の弥彦神社の二百二十日の風祭や,兵庫県の伊和神社の二百十日の7日前の風鎮祭など,神社の神事にもなっている。新潟県で風の神の〈風の三郎〉を,旧暦6月27日に小屋を作ってまつり風除けを祈ったのは,やや早い例である。上代から,風水害を防ぐためにまつられた奈良県の竜田大社の風の神の祭りは,旧暦4月と7月の4日で,稲の田植前と,台風の季節に当たる。…

【風】より

…また,ギリシアのアテネには〈風の塔〉(ホロロギオンhōrologionともいう。前1世紀ころの建築で,中に水時計があった)という八角の塔があり,その8面の壁には風向によって異なる天気を表す風の神の像が彫られている。
【風向と風速の観測】
 気象台や測候所で風を観測する場合は,ふつう風向と風速が同時に測定できるプロペラ型風向風速計が使用されている。…

※「風の神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

風の神の関連キーワードセルゲイ コネンコフケツァルコアトル風袋・風嚢・風囊ビーナスの誕生越中おわら節アルキュオネおわら風の盆風祭り・風祭風神・雷神オーディン蜚廉・飛廉心謎解色糸風の又三郎級長津彦命アイオロス風の神送り龍田大社摩利支天ニンリル諏訪信仰

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風の神の関連情報