コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風切り羽 カザキリバネ

デジタル大辞泉の解説

かざきり‐ばね【風切り羽】

鳥の後縁をなす、長くじょうぶな羽。飛翔(ひしょう)に用いられ、骨から生えている。外側から内側へ初列・次列・三列と区分でき、初列風切り羽は、はばたきのときに推力を発生させる。かざきりば。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

風切り羽の関連キーワード袖黒鶴放ち鳥銀杏羽雨覆いヨウム翼・翅斑鳩葦鴨青鷺青鸞翼鏡丹頂白雁

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風切り羽の関連情報