風景地保護協定(読み)フウケイチホゴキョウテイ

デジタル大辞泉「風景地保護協定」の解説

ふうけいちほご‐きょうてい〔‐ケフテイ〕【風景地保護協定】

国立国定公園内の自然の風景地について土地所有者が十分な管理を行うことが困難な場合、土地所有者に代わって環境大臣地方公共団体・公園管理団体などが風景地の管理を行うことができるように、両者で締結される協定

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android