コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風炎 ふうえん

大辞林 第三版の解説

ふうえん【風炎】

フェーン【風炎】

〔元来アルプス山中の局地風の名〕
山から吹きおろす乾いた熱風。山腹をのぼる際に雨を降らせて乾燥した空気が、山を越えて吹きおろすときに断熱変化により温度上昇して吹きおろすもの。日本では、山間の盆地や日本海側の各地で低気圧の発達したときにしばしば発生する。 「 -現象」 〔「風炎」とも当てる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

風炎の関連キーワードフェ季節の風山瀬秀雄フェーン

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風炎の関連情報