餌づけ(読み)えづけ

世界大百科事典 第2版の解説

えづけ【餌づけ】

餌づけという言葉が今日普及するに至ったのは,野生ニホンザルづけにを発している。1952年に宮崎県日南海岸の幸島で,生態学的な研究の目的で餌づけられたのが最初であるが,その後大分市高崎山をはじめ各地で観光等の目的で餌づけがおこなわれた。英語ではprovisionizationあるいはfeedingと呼ばれている。人が動物に投与する餌を介して,動物の人に対する恐怖心や警戒心を取り去り,至近距離からの観察を容易にする方法で,個体識別による長期観察を可能にした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

餌づけの関連情報