首里天(すいてん)

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

すいてん【首里天】

沖縄の泡盛。酒名は、琉球王朝時代の国王呼称「首里天加那志(すいてぃんがなし)」にあやかり、最上級の泡盛造りを目指して命名原料タイ米黒麹。アルコール度数25%。蔵元の「瑞穂酒造」は嘉永元年(1848)創業。所在地は那覇市首里末吉町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android