コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

首里天(すいてん)

2件 の用語解説(首里天(すいてん)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

首里天(すいてん)

合同酒精が製造・販売する泡盛の商品名。樫樽で熟成させた古酒タイプの泡盛。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

すいてん【首里天】

沖縄の泡盛。酒名は、琉球王朝時代の国王の呼称「首里天加那志(すいてぃんがなし)」にあやかり、最上級の泡盛造りを目指して命名。原料はタイ米、黒麹。アルコール度数25%。蔵元の「瑞穂酒造」は嘉永元年(1848)創業。所在地は那覇市首里末吉町。

出典|講談社
[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone