コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

首里天(すいてん)

デジタル大辞泉プラスの解説

首里天(すいてん)

合同酒精が製造・販売する泡盛の商品名。樫樽で熟成させた古酒タイプの泡盛。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

すいてん【首里天】

沖縄の泡盛。酒名は、琉球王朝時代の国王呼称「首里天加那志(すいてぃんがなし)」にあやかり、最上級の泡盛造りを目指して命名。原料はタイ米黒麹。アルコール度数25%。蔵元の「瑞穂酒造」は嘉永元年(1848)創業。所在地は那覇市首里末吉町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

首里天(すいてん)の関連キーワード合同酒精恩納なべ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

首里天(すいてん)の関連情報