コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔵元 くらもと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蔵元
くらもと

江戸時代,大坂などにおかれた諸藩の蔵屋敷蔵物出納売却などを管理した人。当初は藩派遣の蔵役人がこれにあたったが,寛文年間 (1661~73) 頃から商人があたるようになった。これら町人蔵元は普通,藩から扶持米 (→扶持 ) を給され武士に準じる扱いを受け,蔵物の売却にあたって口銭を得,また売却に関連して莫大な投機的利潤をあげた。蔵元には掛屋 (かけや) を兼ねる者が多く,大名をしのぐほどの経済的実力をもつ者もあった。岡山藩,広島藩,福岡藩などの蔵元をつとめた鴻池家,同じく松江,高松,久留米諸藩の天王寺屋,姫路,松山,熊本諸藩の平野屋は有名である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くら‐もと【蔵元/倉本】

酒・醤油などの醸造元。
室町時代の質屋営業者。
江戸時代、蔵屋敷蔵物の出納を管理した町人。多くは掛屋(かけや)を兼ねた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

蔵元【くらもと】

(1)江戸時代,大名・旗本などが自領の産物を売るため大坂や大津・堺などの諸都市に置いた蔵屋敷の構成員。蔵物の出納を行う。17世紀半ばごろから蔵米仲買の町人がこの地位につき,金銀出納に携わる掛屋(かけや)を兼ね巨富を得た。
→関連項目米会所御用商人札差本両替

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くらもと【蔵元】

江戸時代,大名(藩),旗本などの諸領主が大坂,大津,堺などの諸都市に置いた貢租米や特産品の販売担当者,あるいはその職務。一般的には,これら諸都市に置かれた蔵屋敷の主たる構成員として,蔵物の管理,出納を行う者,あるいはその職務をさす。大坂に置かれた蔵屋敷の場合,江戸時代の初めには各藩から派遣された武士の蔵元がみられたが,寛永年間(1624‐44)以降,しだいに町人がその任にあたるようになった。これを町人蔵元とよぶが,このような傾向は寛文年間(1661‐73)以降一般的なものとなり,元禄年間(1688‐1704)では100名以上に及んだ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の蔵元の言及

【大名貸】より

…その米切手は未着米に発行されたという意味で〈先納切手〉,また実米の裏づけがないという意味で〈調達切手〉と俗称された質入切手である。浜方の大名貸が増大し,蔵元や掛屋にも浜方出身者が進出し,これを含めて数人の館入(立入)が扶持・知行を与えられて恒常的に貸付けに応じ,江戸仕送りも数人の館入に分担された。この段階での大名貸の推移は米切手売高と実米登高とのへだたりの度合に集約されており,これを把握する蔵元が藩の経済力を熟知して藩財政に助言を与え,貸手を統轄して大名貸を合理的に処理しようとした。…

※「蔵元」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蔵元の関連キーワード群馬県館林市富士見町米・水・技・心初代宮城酵母北国の恋人山の辺の道あさわ龍吟みかど菊水松浦佐世姫糀屋友七御代金水春田末廣室町時代湖東自慢宇佐むぎ瀬戸の松日々の力田鶴の声轟乃露黒筑紫野阿波踊

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蔵元の関連情報