コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬夷麻呂 うまの ひなまろ

2件 の用語解説(馬夷麻呂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

馬夷麻呂 うまの-ひなまろ

?-? 奈良時代の官吏。
甲斐守(かいのかみ)をへて天平宝字(てんぴょうほうじ)3年(759)典薬頭(てんやくのかみ),4年南海道巡察使となった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

馬夷麻呂

生年:生没年不詳
奈良時代の官僚。姓は史。河内国古市郡を本貫とする渡来系氏族。天平13(741)年外従五位下に叙せられ,同年甲斐守に任じられた。天平宝字3(759)年典薬頭となり,翌年南海道巡察使になっている。

(狩野久)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

馬夷麻呂の関連キーワード古市重胤四畿内慶俊賀茂子虫紀吉継佐伯国益高丘河内田辺百枝舟麻呂古市紹意

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone