馬島円如(読み)まじま えんにょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

馬島円如 まじま-えんにょ

1802-1855 江戸時代後期の眼科医。
享和2年生まれ。馬島明眼院25世円観のにまなぶ。長崎に遊学し,鍛冶工真平をともなって郷里尾張(おわり)(愛知県)にかえり,軟性白内障吸引器,各種剪刀(手術用はさみ)などを作製させた。の27世明眼院円定のをつぎ28世となる。安政2年3月12日死去。54歳。俗姓広橋(あざな)は忍甲。は複明堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android