俗姓(読み)ゾクショウ

デジタル大辞泉の解説

ぞく‐しょう〔‐シヤウ〕【俗姓】

僧が俗人であったときの姓。ぞくせい。
「悲田院の尭蓮上人(げうれんしゃうにん)は、―は三浦の某(なにがし)とかや」〈徒然・一四一〉
家柄。素性。
「―歴々の浪人身を隠して」〈浮・永代蔵・六〉

ぞく‐せい【俗姓】

ぞくしょう(俗姓)1」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞくしょう【俗姓】

僧が俗人であったときの姓。ぞくせい。 「悲田院の尭蓮上人は、-は三浦の某とかや/徒然 141
うじ素性。家柄。 「此の田代冠者と申すは、…-もよきうへ弓矢とてもよかりけり/平家 9

ぞくせい【俗姓】

出家者の、在俗の時の姓。ぞくしょう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぞく‐しょう ‥シャウ【俗姓】

〘名〙 (「しょう」は「姓」の呉音)
① 僧侶の、俗人であった時の名字(みょうじ)。ぞくせい。
※続日本紀‐文武四年(700)三月己未「道照和尚物化。〈略〉和尚河内国丹比郡人也。俗姓船連」
※徒然草(1331頃)一四一「悲田院堯蓮上人は、俗性は三浦の某とかや、双なき武者なり」
② 世間一般に称している氏姓、家柄。素姓(すじょう)
※中院本平家(13C前)九「其せんぞを尋ぬるに、後三条院の、第三の王子資仁親王五代のこうゐん也、ぞくしゃうゆゆしかりけるうへ」

ぞく‐せい【俗姓】

〘名〙 僧が出家する前、俗人であったときの姓。ぞくしょう。〔続高僧伝‐二〇〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android