コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸軍士官学校 りくぐんしかんがっこう

7件 の用語解説(陸軍士官学校の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陸軍士官学校
りくぐんしかんがっこう

日本陸軍の現役将校養成補充機関。前身は明治1 (1868) 年京都に設けられた兵学校で,これが兵学所,兵学寮を経て,1874年に陸軍士官学校と改称され,東京の市谷に移転した。 1898年教育総監部の新設とともに,陸軍省から離れて,その管轄下に入った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

陸軍士官学校

戦前の陸軍将校の養成機関。1874(明治7)年、東京で開校した。その後、朝霞の予科と座間の本部に分かれて教育を行っていた。「本土決戦、一億玉砕」が叫ばれ始めた45年6月、「長期野営」として、座間から現在の長野県佐久市に移転した。終戦とともに閉校。座間の本部跡地は米軍が接収し、現在は米陸軍キャンプ座間となっている。

(2007-08-16 朝日新聞 朝刊 山口 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りくぐん‐しかんがっこう〔‐シクワンガクカウ〕【陸軍士官学校】

陸軍の士官を養成する学校。MA(military academy)。旧日本陸軍の場合は、明治7年(1874)東京の市ヶ谷に設置。昭和20年(1945)廃止。陸士。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

陸軍士官学校【りくぐんしかんがっこう】

日本陸軍の現役将校養成のための学校。1874年陸軍士官学校条例により,それまでの陸軍兵学寮から独立して開校し,1945年までに11期の士官生徒,58期の士官候補生送り出した。
→関連項目五・一五事件三無事件寺内正毅ビゴー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りくぐんしかんがっこう【陸軍士官学校】

陸軍兵科将校を養成するため生徒・学生を教育する学校。旧日本陸軍での前身は,京都の兵学校(兵学所と改称),ついで大阪の兵学寮,東京の陸軍兵学寮,同寮内の仮の士官学校と変遷した。1874年10月制定の条例により陸軍士官学校が市ヶ谷に設けられ,翌年,士官生徒第1期生が入校,第11期生まで続いた(卒業生1285名)。87年士官候補生制度(候補生は幼年学校出身者および採用試験に合格した旧制中学校出身者であり,1年間の隊付勤務ののち入校)となり,89年,第1期生が入校,終戦時には第61期生が在校した(卒業生約3万6900名)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りくぐんしかんがっこう【陸軍士官学校】

陸軍将校養成のための主要教育機関。1874年(明治7)設置。陸士。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陸軍士官学校
りくぐんしかんがっこう

旧日本陸軍の現役将校養成学校。1874年(明治7)設立。その前身は1868年設立の兵学校である。1887年には士官候補生制度を導入、試験により選抜された士官候補生は各部隊に入隊したのち、士官学校に入学、卒業後、見習士官として原隊に戻り、その部隊における将校会議の議決を経て将校に任官されることとなった。1917年(大正6)からは選抜された下士官に対する将校教育を開始。20年には予科制・本科制を採用し、さらに37年(昭和12)には前者が陸軍予科士官学校、後者が陸軍本科士官学校となった。その後、翌年には航空兵科将校の養成を目的として陸軍航空士官学校を新設した。士官候補生制度にみられるように、士官学校を中心とした陸軍の将校養成制度は閉鎖的な性格が強く、独特のエリート意識と同志的意識に支えられた将校集団を生み出していった。[吉田 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の陸軍士官学校の言及

【アメリカ合衆国】より

…これは,大西洋という自然の安全保障のおかげで,軍隊という人為的な安全保障装置が必ずしも必要とされなかったことによるところが大きい。1802年ウェスト・ポイントに陸軍士官学校が設立されるが,これも少なくとも当初は軍事専門家の養成というよりは,道路,運河建設などの内陸開発のための技術者養成を目的としていたといってよい。一般的にいって,19世紀末までは,アメリカ社会では軍隊は非生産的な集団とみなされ,特に英雄視された何人かの軍人は別として,職業軍人の社会的地位も高くはなかった。…

【軍事教育制度】より

…正規将校要員の養成機関としては,陸海空軍に各士官学校を,初級・中級将校の用兵および術科教育機関として陸海空軍の各職種別に各種の術科学校を,上級将校に高度の戦略・戦術を習得させるため陸海空軍に各大学校を置き,さらに国防政策の研修機関として三軍統合の国防大学校などを設置している国が多い。
[日本の将校教育制度]
 旧日本陸軍は1868年(明治1)陸軍の幹部養成のため兵学校を京都に設置して以降,陸軍幼年学校陸軍士官学校陸軍経理学校,航空士官学校,陸軍大学校などを設置した。一方,旧日本海軍は69年東京築地に海軍操練所を設置して初級幹部の養成を開始して以降,海軍兵学校海軍機関学校海軍経理学校海軍大学校などを設置した。…

【陸軍】より

…70年5月に兵学寮に下士養成機関の教導隊を置き,71年12月徳川氏創立の沼津兵学校を合併し,教導隊は教導団と改称されて東京に移され,ついで兵学寮も東京に移り,73年10月に教導団は省の直管となった。74年11月に陸軍士官学校条例が制定され,翌年第1期士官生徒が入学,兵学寮は廃された。士官生徒制は11期卒業までで,87年に士官候補生制に改められ,第2次大戦の敗戦まで続いた。…

※「陸軍士官学校」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

陸軍士官学校の関連キーワード海軍兵学校兵科陸軍大学校陸軍幼年学校海軍機関学校教職兵学校予備学生栄養士養成施設陸軍経理学校

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

陸軍士官学校の関連情報