馬脚を現す(読み)ばきゃくをあらわす

故事成語を知る辞典「馬脚を現す」の解説

馬脚を現す

包み隠していた悪いことが発覚することのたとえ。

[使用例] たとえば、いい加減なことを書いて、それにより当人が採用されたとする。実力のはっきりする世界だから、遅かれ早かれ馬脚があらわれるであろう[藤原正彦*若き数学者のアメリカ|1977]

[由来] 馬の足を務める役者が、うっかり姿を見せてしまうことから。一三~一四世紀ごろ、げん王朝の時代の中国で盛んだった、元曲の一つ、「ほうたいせいちんしゅうちょうまい―三」に、悪いことをした人物が「馬脚の露出する」のを恐れる、という一節があります。なお、一一世紀のおうりゅうなんに、「黄竜の三関」として知られる有名なの問題があり、その一つに「我が脚、きゃく何似いずれぞ(私の脚は、ロバの脚と比べるとどうか)」というものがあります。ここから、「驢脚自ずからあらわなり」という表現が生まれ、「馬脚を現す」へと変化した、というもあります。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android