コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駅屋 うまや

防府市歴史用語集の解説

駅屋

 奈良平安時代に、道に30里(約16km)ごとに置かれた施設です。駅ごとに一定の数の馬が置かれ、それを利用して使いが移動していました。また、役人は宿泊することもできました。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

駅屋の関連キーワード高知県安芸郡田野町

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

駅屋の関連情報