コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駅屋 うまや

防府市歴史用語集の解説

駅屋

 奈良平安時代に、道に30里(約16km)ごとに置かれた施設です。駅ごとに一定の数の馬が置かれ、それを利用して使いが移動していました。また、役人は宿泊することもできました。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

駅屋の関連キーワード高知県安芸郡田野町

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

駅屋の関連情報