コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駒止湿原 コマドシツゲン

2件 の用語解説(駒止湿原の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こまど‐しつげん【駒止湿原】

福島県南西部にある湿原。駒止峠(標高1130メートル)の北側にあり、ミズバショウワタスゲなど湿生植物群落が見られ国の天然記念物に指定されている。指定面積は約1.48平方キロメートル。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕駒止湿原(こまどしつげん)


福島県南西部、大沼(おおぬま)郡昭和(しょうわ)村南端にある湿原。標高約1110m。3つの谷地(やち)からなり、湿原の高層化の段階を知るうえで貴重。国天然記念物に指定。寒帯系の植物や高山植物ミズゴケ類が多種生育。ミズバショウ群落がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の駒止湿原の言及

【昭和[村]】より

…大芦地区を中心に近世からカラムシの栽培が行われ,越後上布の原料として送られていたが,1975年からは織物業の育成がはじめられ,過疎化の歯止めのための新しい地場産業として期待されたが,人口減少は続いている。南端の駒止峠付近にある駒止湿原(天)や矢ノ原湿原はミズバショウの群生地として知られる。【佐藤 裕治】。…

※「駒止湿原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

駒止湿原の関連キーワード福島県大沼郡昭和村大芦福島県大沼郡福島県大沼郡昭和村小野川福島県大沼郡昭和村喰丸福島県大沼郡昭和村佐倉福島県白河市西大沼福島県大沼郡昭和村野尻福島県白河市東大沼福島県大沼郡昭和村松山福島県大沼郡昭和村両原

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone