コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駒止湿原 コマドシツゲン

デジタル大辞泉の解説

こまど‐しつげん【駒止湿原】

福島県南西部にある湿原。駒止峠(標高1130メートル)の北側にあり、ミズバショウワタスゲなど湿生植物群落が見られ国の天然記念物に指定されている。指定面積は約1.48平方キロメートル。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕駒止湿原(こまどしつげん)


福島県南西部、大沼(おおぬま)郡昭和(しょうわ)村南端にある湿原。標高約1110m。3つの谷地(やち)からなり、湿原の高層化の段階を知るうえで貴重。国天然記念物に指定。寒帯系の植物や高山植物、ミズゴケ類が多種生育。ミズバショウ群落がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の駒止湿原の言及

【昭和[村]】より

…大芦地区を中心に近世からカラムシの栽培が行われ,越後上布の原料として送られていたが,1975年からは織物業の育成がはじめられ,過疎化の歯止めのための新しい地場産業として期待されたが,人口減少は続いている。南端の駒止峠付近にある駒止湿原(天)や矢ノ原湿原はミズバショウの群生地として知られる。【佐藤 裕治】。…

※「駒止湿原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

駒止湿原の関連キーワード南会津町谷地田島