コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水芭蕉 ミズバショウ

デジタル大辞泉の解説

みず‐ばしょう〔みづバセウ〕【水××蕉】

サトイモ科の多年草。中部地方以北の湿原に群生。春の雪解けを待って、高さ約20センチの白い仏炎苞(ぶつえんほう)に包まれた穂を1本出す。花後、長楕円形の葉は長さ約80センチにもなる。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

みずばしょう【水芭蕉】

群馬の日本酒。酒名は、尾瀬ヶ原に群生する水芭蕉にちなみ命名。淡麗辛口の味わいの最高峰ブランド「大吟醸ヴィンテージ」は5年以上低温熟成させた全国新酒鑑評会金賞受賞酒。ほかに純米大吟醸酒純米吟醸酒純米酒本醸造酒など。全国新酒鑑評会で受賞実績多数。原料米は山田錦。仕込み水は尾瀬連峰・武尊(ほたか)山の伏流水。蔵元の「永井酒造」は明治19年(1886)創業。所在地は利根郡川場村門前。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

水芭蕉

群馬県、永井酒造株式会社の製造する日本酒。平成21、22、23酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

みずばしょう【水芭蕉】

サトイモ科の大形多年草。山地の湿原に生える。雪解けのあと、葉より先に白色肉質の仏炎苞ぶつえんほうに包まれた黄色の肉穂花序が出る。葉は長楕円形で、長さ約80センチメートルに達する。 [季] 春。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

水芭蕉 (ミズバショウ)

学名:Lysichitum camtschatcense
植物。サトイモ科の抽水性多年草,高山植物,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

水芭蕉の関連キーワードPlatinum#3776 最高級会津卵殻蒔絵 ミズバショウ北海道網走市呼人大空(町)佐藤多持肉穂花序群馬県大空町仏炎苞山地

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水芭蕉の関連情報