コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高品位テレビ こうひんいてれび

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

高品位テレビ

画面品質を向上させたテレビで、通常はハイビジョンと呼ぶ。1125本の走査線を持ち、画面の縦横比は9:16。1990年から放映された日本のハイビジョン放送はアナログ方式であったが、世界の次世代テレビの波がデジタル方式に向かったため、日本でもハイビジョンのデジタル化が必要になった。現在、日本でもBSや地上波デジタル放送が開始されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

こうひんいテレビ【高品位テレビ】

HDTV

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

こうひんいテレビ【高品位テレビ】

高精細度テレビジョンの別称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の高品位テレビの言及

【衛星放送】より

…赤道上約3万6000kmの宇宙にある静止衛星により行われる放送だが,以下に示す特徴がある。
[特徴と仕組み]
(1)一つの電波で山間僻地,離島を含め日本全体あるいはもっと広い範囲に放送できるので,全国放送など広範囲の放送を地上放送より経済的に行うことができる。(2)地上テレビ放送では電波が建物などに反射して画像が2重3重にダブって見えるゴースト妨害が起きやすいが,衛星放送ではこの種の妨害が生じない。(3)衛星放送では,電波として12GHzを用いることが多いが,このような高い周波数の電波は強い雨が降ると減衰してしまい,テレビの画質が悪くなったり,時には受信できなくなることがある。…

【ニューメディア】より

… 1984年9月から電電公社(現,日本電信電話株式会社)が東京の三鷹,武蔵野で実験を開始した光ファイバーによるディジタル通信網INS(Informahon Network System)〈高度情報通信システム〉,11月から同じく電電公社が回線とシステムを,民間491社が情報ソフトを提供して実用サービスを開始したキャプテン・システムは,ニューメディア・ブームの具体的なモデルケースとして大々的に宣伝された。当時の〈ニューメディア構想〉では,1990年代に,INSの全国ネットワーク,無線系の直接衛星放送,高品位テレビ放送,文字多重放送,ファクシミリ放送,静止画放送,有線系のCATV,ビデオテックス(キャプテン),VRS(画像応答システム),テレビ電話,ファクシミリ通信,さらには個別のパソコンやビデオの出力に至るさまざまな情報・通信経路が,1台の端末(テレビ受像器)に統合されるはずであった。しかし,ディジタル通信の普及に関しては,笛吹けど踊らずの状態が長く続き,INSは,やがて人知れず消えていった。…

※「高品位テレビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高品位テレビの関連キーワードテレビジョン史(年表)高精細度テレビジョン高品位テレビジョン国防高等研究計画局Hivisionクリアビジョンニューメディアテレビドラマミューズ衛星放送別称

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android