コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高断熱・高気密住宅 こうだんねつこうきみつじゅうたく/こうだんねつじゅうたく/こうきみつじゅうたく thermally insulated

1件 の用語解説(高断熱・高気密住宅の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

高断熱・高気密住宅

全室暖房を目的に、高断熱・高気密性能を手段とし、高気密下での空気汚染を防止するために計画換気を加え、断熱・気密・暖房・換気の4つのバランスを持った住宅のこと。断熱性については、従来の個別暖房程度の熱費で全室暖房が実現可能なレベルを性能の目安とする。一方、気密性は、隙間風を防止して冷気や熱損失を防ぐ、また高断熱下での内部結露を防ぐなどを目的とし、性能指標値である相当隙間面積が、本州以南の地域で、1平方メートル当たり5平方センチ以下であることが理想。高気密下での空気汚染を防ぐ計画換気も欠かせない要素で、現在整備されている次世代省エネルギー基準の下、快適で良質な健康住宅としての展開が期待されている。

(松村秀一 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高断熱・高気密住宅の関連キーワード内窓気密性高気密住宅二重サッシ高断熱高気密住宅24時間換気システム窓サッシ木製サッシ輸入サッシ浴室暖房

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高断熱・高気密住宅の関連情報