コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四つ ヨツ

デジタル大辞泉の解説

よ‐つ【四つ】

数の名。し。よっつ。「四つにたたむ」
4歳。
昔の時刻の名。今の午前10時および午後10時ころ。よつどき。
相撲で、両力士が互いに右または左で差し合い、まわしを引き合うこと。四つ身。
四つ切り」の
四つ辻(つじ)」の略。

よっ‐つ【四つ】

よつ」の促音添加。「四つに分ける」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

よつ【四つ】

し。よん。よっつ。物の数を数えるときに使う。
四歳。
相撲で、両力士が右差し、または左差しとなる組み合い。四つ身。 「がっぷり-に組む」
昔の時刻の名。現在の午前と午後の10時頃。四つ時。
「四つ切り」の略。
「四つ乳」の略。
[句項目]

よっつ【四つ】

〔「よつ」の促音添加〕
よつ(四) 」に同じ。現代語ではふつうこの語形の方が用いられる。 〔副詞的用法の場合、アクセントは [0]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

四つの関連キーワード四つに組む四つ目格子四芸・四藝アクセント正四面体四つ相撲鈍ら四つラティス四つ割り春夏秋冬八つ手網クワトロ引け四つ明朝綴じまわし四つ辻四つ身四面体四つ時四つ葉

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四つの関連情報