四つ(読み)ヨツ

デジタル大辞泉の解説

よ‐つ【四つ】

数の名。し。よっつ。「四つにたたむ」
4歳。
昔の時刻の名。今の午前10時および午後10時ころ。よつどき。
相撲で、両力士が互いに右または左で差し合い、まわしを引き合うこと。四つ身。
四つ切り」の
四つ辻(つじ)」の略。

よっ‐つ【四つ】

よつ」の促音添加。「四つに分ける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よつ【四つ】

し。よん。よっつ。物の数を数えるときに使う。
四歳。
相撲で、両力士が右差し、または左差しとなる組み合い。四つ身。 「がっぷり-に組む」
昔の時刻の名。現在の午前と午後の10時頃。四つ時。
「四つ切り」の略。
「四つ乳」の略。
[句項目] 四つに組む

よっつ【四つ】

〔「よつ」の促音添加〕
よつ(四)」に同じ。現代語ではふつうこの語形の方が用いられる。 〔副詞的用法の場合、アクセントは [0]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四つの関連情報