高橋誠一(読み)たかはし せいいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋誠一 たかはし-せいいち

1883-1968 明治-昭和時代の医師。
明治16年12月30日生まれ。神奈川県茅ケ崎の結核療養所南湖院院長高田畊安(こうあん)をしたい,明治42年同院内科医,翌年副院長となる。茅ケ崎幼児学舎の設立をたすけ,戦後は茅ケ崎市の市会議員,初代教育委員長をつとめた。昭和43年3月29日死去。84歳。福島県出身。仙台医専(現東北大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高橋誠一の関連情報