コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高田畊安 たかた こうあん

2件 の用語解説(高田畊安の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高田畊安 たかた-こうあん

1861-1945 明治-昭和時代前期の内科医。
文久元年8月19日生まれ。増山守正の次男。ベルツに師事。明治29年東京神田駿河台(するがだい)に東洋内科医院を設立。32年神奈川県の茅ケ崎に結核診療のためのサナトリウム「南湖院」を開設,国木田独歩はじめおおくの文人が入院した。昭和20年2月9日死去。85歳。丹後(京都府)出身。帝国大学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

高田畊安

没年:昭和20.2.9(1945)
生年:文久1.8.19(1861.9.23)
明治大正期の医師で南湖院院長。丹後国中筋村(京都府舞鶴市)に藩士の子として生まれる。京都医学校を経て明治23(1890)年に東京帝大医学部を卒業。この間,同15年に同志社教会でD.W.ラーネッドから受洗。E.ベルツの助手として帝大に残るが,肺結核にかかり辞職。全治後の同29年東京神田に東洋内科医院,同31年には茅ケ崎に結核サナトリウム南湖院を設立し,一生を結核診療に捧げた。キリストを医王ととらえ,医王祭(クリスマス)には町をあげて祝い,茅ケ崎と南湖院の名を有名ならしめた。南湖院に入院した患者には国木田独歩,八木重吉らがいる。<参考文献>川原利也『南湖院と高田畊安

(篠崎恭久)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高田畊安の関連キーワード医師会南湖院伊東重隈川宗雄杉寛一郎関場不二彦高橋誠一長野純蔵中山寿彦山口光円

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone