コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高田畊安 たかた こうあん

2件 の用語解説(高田畊安の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高田畊安 たかた-こうあん

1861-1945 明治-昭和時代前期の内科医。
文久元年8月19日生まれ。増山守正の次男。ベルツに師事。明治29年東京神田駿河台(するがだい)に東洋内科医院を設立。32年神奈川県の茅ケ崎に結核診療のためのサナトリウム「南湖院」を開設,国木田独歩はじめおおくの文人が入院した。昭和20年2月9日死去。85歳。丹後(京都府)出身。帝国大学卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

高田畊安

没年:昭和20.2.9(1945)
生年:文久1.8.19(1861.9.23)
明治大正期の医師で南湖院院長。丹後国中筋村(京都府舞鶴市)に藩士の子として生まれる。京都医学校を経て明治23(1890)年に東京帝大医学部を卒業。この間,同15年に同志社教会でD.W.ラーネッドから受洗。E.ベルツの助手として帝大に残るが,肺結核にかかり辞職。全治後の同29年東京神田に東洋内科医院,同31年には茅ケ崎に結核サナトリウム南湖院を設立し,一生を結核診療に捧げた。キリストを医王ととらえ,医王祭(クリスマス)には町をあげて祝い,茅ケ崎と南湖院の名を有名ならしめた。南湖院に入院した患者には国木田独歩,八木重吉らがいる。<参考文献>川原利也『南湖院と高田畊安

(篠崎恭久)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

高田畊安の関連キーワード原子爆弾投下炭酸塩岩脈文久ドイツ問題カナダ文学ロシア映画イギリス映画北朝鮮特攻隊闇市

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone