高浜流 光妙(読み)タカハマリュウ ミツタエ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

高浜流 光妙
タカハマリュウ ミツタエ


職業
日本舞踊

肩書
高浜流家元

本名
高木 妙子(タカギ タエコ)

別名
前名=若柳 光妙(ワカヤギ ミツタエ)

生年月日
大正12年 12月15日

出生地
東京都

学歴
文化学院〔昭和16年〕卒

経歴
数えで6歳のとき、初代若柳吉三郎の弟子になり、10歳の時には光妙の名を許される。昭和14年第1回全国舞踊コンクール1位。28年光妙会を主宰。53年正流若柳会を離れ、高浜流を創始、高浜流光妙を名乗った。代表作に「縄のれん」「河東節道成寺」などがある。

所属団体
日本舞踊協会

受賞
芸術選奨文部大臣賞〔昭和54年〕「河東節道成寺」 紫綬褒章〔昭和61年〕,勲四等宝冠章〔平成6年〕 芸術祭賞奨励賞〔昭和43年〕「縄のれん」,舞踊批評家協会賞〔昭和55年〕,松尾芸能賞(優秀賞)〔昭和60年〕,舞踊芸術賞〔平成5年〕 全国舞踊コンクール1等(第1回)〔昭和14年〕

没年月日
平成17年 12月7日 (2005年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android