創始(読み)ソウシ

  • そうし サウ‥
  • そうし〔サウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)新たに物事をはじめること。また、物事のはじまり。「新式の技法を創始する」「創始者」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
新しい事業・方式などを始めること。物事のおこり。はじめ。 一派を-する

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 それ以後長い年月にわたって多くの人に行なわれ続けるような物事を、最初にはじめること。また、物事のはじまり。
※語孟字義(1705)上「蓋可従而従之、非意創始之也」
※放浪時代(1928)〈龍胆寺雄〉二「人生の創始(サウシ)から終末を通じて、その底を貫くあの『虚無』が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

創始の関連情報