創始(読み)そうし

精選版 日本国語大辞典「創始」の解説

そう‐し サウ‥【創始】

〘名〙 それ以後長い年月にわたって多くの人に行なわれ続けるような物事を、最初にはじめること。また、物事のはじまり。
※語孟字義(1705)上「蓋可従而従之、非意創始之也」
※放浪時代(1928)〈龍胆寺雄〉二「人生の創始(サウシ)から終末を通じて、その底を貫くあの『虚無』が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「創始」の解説

そう‐し〔サウ‐〕【創始】

[名](スル)新たに物事をはじめること。また、物事のはじまり。「新式の技法を創始する」「創始者」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android