紫綬褒章(読み)しじゅほうしょう(英語表記)Medal with Purple Ribbon

知恵蔵「紫綬褒章」の解説

紫綬褒章

日本の褒章の一つ。学術芸術、技術開発等の功労者を対象とし、スポーツで顕著な業績を上げた人も含まれる。記章及びメダルの綬(リボン)は紫色。原則として、毎年春(4月29日付)と秋(11月3日付)の年2回、春秋叙勲と同日付けで授与される。審査などの政府事務は内閣府賞勲局が行い、日本国憲法により規定される国事行為として天皇が授与する。
1955年の褒章条例一部改正により、それまで藍綬(らんじゅ)褒章に含まれていた学術等の功労者への褒賞を分離し新設された。ミニ文化勲章ともいわれる。
対象がスポーツ分野に広げられたのは、2002年の閣議決定栄典制度改革について」によるもので、それまで原則として55歳以上とされてきた年齢制限も撤廃され、03年秋の褒章から年齢に関係なく授与されるようになった結果、若いスポーツ選手なども多く受章するようになった。
14年春の褒章では23人に紫綬褒章が授与され、同年2月に開催されたソチ・オリンピックで金メダルを獲得したフィギュアスケートの羽生結弦、3月のソチ・パラリンピックで二つの金メダルを獲得したアルペンスキーの狩野亮らが受章した。パラリンピック選手の受章は初めてである。
同種類の褒章を複数回授与される場合は、褒章に代えて飾版(しょくはん=金属製の細長い飾り板。銀と金がある)が授与され、綬に付加される。スポーツの分野では、体操の鹿島丈博、水泳の北島康介、柔道の谷亮子が、銀の飾版を授与されている。

(葛西奈津子  フリーランスライター / 2014年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

勲章・褒章がわかる事典「紫綬褒章」の解説

しじゅほうしょう【紫綬褒章】

日本の褒章の一つ。第二次世界大戦後の1955年(昭和30)に褒章条例の一部が改正され、紫綬褒章を新設して、それまでは藍綬(らんじゅ)褒章に含まれていた学術、芸術、発明などの顕著な功績に対し、授与することになった。以後、ミニ文化勲章ともいわれ、毎年50名程度が受章してきた。2002年(平成14)8月の閣議決定「栄典制度の改革について」では、紫綬褒章の対象をスポーツ分野に広げ、それまでおおむね55歳以上とされてきた年齢制限も取り払った。その結果、オリンピックで金メダルを取るなど顕著な活躍をした若いスポーツ選手が受章するようになり、複数回の受章で、褒章ではなく飾版(しょくはん)を授与される選手も出ている。◇英訳名はMedal with Purple Ribbon。

出典 講談社勲章・褒章がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「紫綬褒章」の解説

しじゅ‐ほうしょう ‥ホウシャウ【紫綬褒章】

〘名〙 褒章の一つ。学術・芸術上の発明・改良創作などの業がある人に授与されるもの。綬(リボン)はむらさき色。昭和三〇年(一九五五制定

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「紫綬褒章」の解説

しじゅ‐ほうしょう〔‐ホウシヤウ〕【紫×綬褒章】

学術・芸術上の、発明・改良・創作などの業績の著しい人に授与される褒章。綬(リボン)は紫色。昭和30年(1955)制定。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「紫綬褒章」の解説

紫綬褒章【しじゅほうしょう】

1955年学術・芸術上の発明・改良・創作に関し事績の著しい者を表彰するために制定された褒章。
→関連項目褒章松田トシ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android