コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若柳 わかやなぎ

2件 の用語解説(若柳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

若柳
わかやなぎ

宮城県北部,栗原市東部の旧町域。迫川沿いにあり,北は岩手県に接する。 1889年町制。 1954年大岡村,有賀村,畑岡村の3村と合体。 2005年築館町,栗駒町,高清水町,一迫町,瀬峰町,鶯沢町,金成町,志波姫町,花山村と合体して栗原市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

若柳
わかやなぎ

宮城県北部、栗原(くりはら)郡にあった旧町名(若柳町(ちょう))。現在は栗原市の東部を占める地域。旧若柳町は、1889年(明治22)町制施行。1954年(昭和29)有賀(ありが)、畑岡(はたおか)、大岡の3村と合併。2005年(平成17)築館(つきだて)、栗駒(くりこま)、高清水(たかしみず)、一迫(いちはさま)、瀬峰(せみね)、鶯沢(うぐいすざわ)、金成(かんなり)、志波姫(しわひめ)の8町および花山(はなやま)村と合併して市制施行し、栗原市となった。北部は岩手県に接し、迫(はさま)川の低湿な平野に位置する。国道398号が通じ、東北自動車道若柳金成インターチェンジがある。JR東北本線石越(いしこし)駅に通じていた、くりはら田園鉄道は2007年に廃止された。1591年(天正19)から伊達(だて)氏の所領となり、本吉(もとよし)街道、登米(とめ)街道などが通じる交通の要衝であった。迫川の低湿地では水害が頻発し、農家は農舟のほか洪水用の舟をもち、水山(みずやま)に穀物を貯蔵する板倉を備えた。村落は輪中(わじゅう)形態をとるものも多い。金成耕土の一部で本石(ほんごく)米の産で名高い。若柳蚊帳(かや)も知られたが、明治に入って衰えた。伊豆沼の鳥類およびその生息地は国の天然記念物に指定されており、また1985年(昭和60)には水鳥の生息地を保護するラムサール条約に基づく重要湿地に登録された。[長谷川典夫]
『『若柳町史』(1974・若柳町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

若柳の関連キーワード宮城県栗原市一迫一迫〈町〉宮城県栗原市一迫川口宮城県栗原市一迫川台宮城県栗原市金成宮城県栗原市金成有壁宮城県栗原市金成中町宮城県栗原市栗駒栗原宮城県栗原市瀬峰宮城県栗原市花山

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

若柳の関連情報