魚の釜中に遊ぶが如し(読み)ウオノフチュウニアソブガゴトシ

デジタル大辞泉の解説

魚(うお)の釜中(ふちゅう)に遊(あそ)ぶが如(ごと)し

《「後漢書」張綱伝から》魚が煮られるのも知らずに釜(かま)の中で泳いでいるように、災難が迫っているのも知らずにのんきにかまえていることのたとえ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うお【魚】 の 釜中(ふちゅう)に遊(あそ)ぶが如(ごと)

災いが目前に迫っているのも知らずに、のんびりしていることのたとえ。釜中の魚。〔通鑑‐漢順帝記下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android