コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魯霊光殿 ろれいこうでんLǔ Líng guāng diàn

世界大百科事典 第2版の解説

ろれいこうでん【魯霊光殿 Lǔ Líng guāng diàn】

中国,前漢時代に景帝の子の恭王劉余が山東省曲阜に建てた宮殿。往時長安にあった未央,建章など諸宮は廃されたが,この宮殿だけは難を免れ,後漢の王延寿がその建築の華美と荘厳をうたった〈魯霊光殿賦〉(《文選(もんぜん)》所収)により名高い。遺址は曲阜県城東北郊にあり,1942‐43年に日本人学者により発掘され,その殿址の一部と推定される文塼を敷きつめた廊などが発見されている。【田中 淡】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

魯霊光殿の関連キーワード刻石

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android