コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魯霊光殿 ろれいこうでん Lǔ Líng guāng diàn

1件 の用語解説(魯霊光殿の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ろれいこうでん【魯霊光殿 Lǔ Líng guāng diàn】

中国,前漢時代に景帝の子の恭王劉余が山東省曲阜に建てた宮殿。往時長安にあった未央,建章など諸宮は廃されたが,この宮殿だけは難を免れ,後漢の王延寿がその建築の華美と荘厳をうたった〈魯霊光殿賦〉(《文選(もんぜん)》所収)により名高い。遺址は曲阜県城東北郊にあり,1942‐43年に日本人学者により発掘され,その殿址の一部と推定される文塼を敷きつめた廊などが発見されている。【田中 淡】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

魯霊光殿の関連キーワード今文学後漢呉楚七国の乱前漢陽関礼記古文尚書周亜夫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone