コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥の巣 とりのす

大辞林 第三版の解説

とりのす【鳥の巣】

鳥のすみか。
鳥が産卵のために新しく作る巣。 [季] 春。 《 -のあり〱見ゆる榎かな /一茶 》

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とりのす【鳥の巣】

松瀬青々句集。作者没後の昭和13年(1938)に上下2冊で刊行。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

鳥の巣の関連キーワード子で子にならぬほととぎすジャック ヘルツォークアリヅカムシ(蟻塚虫)ナンキンムシ(南京虫)チャダイゴケ(茶台苔)ピエール ド・ムーロンカペッリ・ダンジェロてんぐ(天狗)巣病北京オリンピックオオタニワタリ鳥栖・塒・鳥座チャタテムシウデカニムシMaydayロングパスタイエニクダニ松瀬 青々小林 桂助てんぐ巣病巣籠もり卵

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳥の巣の関連情報