コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松瀬青々 まつせ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松瀬青々 まつせ-せいせい

1869-1937 明治-昭和時代前期の俳人。
明治2年4月4日生まれ。正岡子規にみとめられ,明治32年上京して「ホトトギス」の編集員となる。33年大阪朝日新聞社につとめ,「俳句欄」の選者を担当。また34年俳誌「宝船」(のち「倦鳥(けんちょう)」と改題)を創刊,主宰した。昭和12年1月9日死去。69歳。大阪出身。本名は弥三郎。句集に「妻木」,俳話集に「倦鳥巻頭言集」。
【格言など】月見して如来の月光三昧や(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まつせせいせい【松瀬青々】

1869~1937) 俳人。大阪生まれ。本名、弥三郎。正岡子規に師事。大阪朝日新聞社で「朝日俳壇」を担当。句集「妻木」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松瀬青々
まつせせいせい
(1869―1937)

俳人。大阪に生まれる。本名弥三郎。1897年(明治30)大阪満月会に加わり、新聞『日本』の正岡子規(しき)選俳句欄、『ホトトギス』などに投句。1899年上京して『ホトトギス』編集部に入ったが、翌年辞して帰阪し、大阪朝日新聞社に入社した。1901年(明治34)『宝船(たからぶね)』を創刊、のち『倦鳥(けんちょう)』と改題、青木月斗(げっと)とともに関西俳壇に重きをなした。1904年早くも処女句集『妻木』を出し、『松苗』(1937)、『鳥の巣』(1938)の句集のほか、『巻頭言集』(1937)、『随感と随想』(1942)などの随筆集も出ている。
 甘酒屋打出の浜におろしけり[村山古郷]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

松瀬青々の関連キーワード西村 白雲郷橋本 富三郎野田 別天楼俳句(文学)塚本 虚明橋本富三郎右城 暮石細見 綾子武定 巨口横山 蜃楼野田別天楼佐藤紅緑村山古郷細見綾子塚本虚明4月4日青々忌冬安居森古泉鳥帰る

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android