コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松瀬青々 まつせ

5件 の用語解説(松瀬青々の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

松瀬青々

俳人。大阪生。名は弥三郎。上京して正岡子規に師事し、「ホトトギス」編集に従事。のち大阪朝日新聞社に入社、朝日俳壇を晩年まで担当した。昭和12年(1937)歿、69才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まつせ‐せいせい【松瀬青々】

[1869~1937]俳人。大阪の生まれ。本名、弥三郎。正岡子規の門人。関西俳壇に重きをなした。句集「妻木」「鳥の巣」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松瀬青々 まつせ-せいせい

1869-1937 明治-昭和時代前期の俳人。
明治2年4月4日生まれ。正岡子規にみとめられ,明治32年上京して「ホトトギス」の編集員となる。33年大阪朝日新聞社につとめ,「俳句欄」の選者を担当。また34年俳誌「宝船」(のち「倦鳥(けんちょう)」と改題)を創刊,主宰した。昭和12年1月9日死去。69歳。大阪出身。本名は弥三郎。句集に「妻木」,俳話集に「倦鳥巻頭言集」。
【格言など】月見して如来の月光三昧や(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

まつせせいせい【松瀬青々】

1869~1937) 俳人。大阪生まれ。本名、弥三郎。正岡子規に師事。大阪朝日新聞社で「朝日俳壇」を担当。句集「妻木」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松瀬青々
まつせせいせい
(1869―1937)

俳人。大阪に生まれる。本名弥三郎。1897年(明治30)大阪満月会に加わり、新聞『日本』の正岡子規(しき)選俳句欄、『ホトトギス』などに投句。1899年上京して『ホトトギス』編集部に入ったが、翌年辞して帰阪し、大阪朝日新聞社に入社した。1901年(明治34)『宝船(たからぶね)』を創刊、のち『倦鳥(けんちょう)』と改題、青木月斗(げっと)とともに関西俳壇に重きをなした。1904年早くも処女句集『妻木』を出し、『松苗』(1937)、『鳥の巣』(1938)の句集のほか、『巻頭言集』(1937)、『随感と随想』(1942)などの随筆集も出ている。
 甘酒屋打出の浜におろしけり[村山古郷]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松瀬青々の関連キーワード塚本靖小杉武司小林作太郎神保日慈千宗左(12代)東条良太郎鍋島直明松山茂森連吉田弥平

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松瀬青々の関連情報