鳥札運上(読み)とりふだうんじょう

  • とりふだうんじょう ‥ウンジャウ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 江戸時代、鳥猟免許の木札(鑑札)の下付を受けた猟師の納める税。鳥札。〔地方凡例録(1794)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の鳥札運上の言及

【運上】より

… 砥石山(といしやま)運上砥石を切り出す請負人に,年期を限って課すもの。 鳥札運上鳥猟の免許(鑑札)交付者に課すもの。 金銀銅鉄鉛明礬石(みようばんせき)硫黄山運上各種鉱産物の採掘業者に課すもの。…

※「鳥札運上」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android